興信所の身元調査を利用するメリットとは一体何か

みなさんはこれまでに興信所の身元調査を利用した事はありますでしょうか?もし今現在誰かの身元調査をしたいと思っているならぜひ興信所を利用される事をおすすめします。

中には身元調査をしたいと思ってもわざわざ興信所を利用してまでしなくても良いと思っている人もいるかと思います。費用をケチって自分で身元調査をすれば良いと思っている人も意外と多いかと思いますが、今の時代は誰もが個人情報に敏感になっていて個人で調査をするのはかなり困難です。多くの方は多少費用は掛かりますがそれ以上の情報を得る事ができるようになるそれがメリットだと思います。

最近増えている身元調査の依頼内容と調査の内情

興信所に最近舞い込んでくる依頼の中で、特に身元調査に関する依頼内容として多いのはインターネットを通じた出会いに関する身元調査が多いようです。

出会い系サイトで出会った異性が急に距離を詰めてきてプロポーズされたが、相手のことをよく知らないので調査してほしいというものや、チャットサイトなどで知り合ってリアルで会う仲になり、より深い仲になろうと思ったが相手への情報不足で心配になって調査依頼をするなど、インターネットという突然現れる異性に関する不安であったり、とにかく情報を得て安心したくて依頼することが多いようです。

依頼者は交際相手に留まらず、付き合っている二人がネットで出会ったことをしった親や親族が身内のことを心配して身元調査の依頼をするという流れもあるようです。身元調査というのは興信所にとっては得意分野ですし、ノウハウと経験を活かして短期間で対象者のことを丸裸にしてくれます。張り込み、尾行、聞き込み、調査などを駆使してあらゆることを調べてくれます。まったく問題ないという場合もあって安心する依頼者もいるんですが、残酷な結果が待っているケースも少なくありません。

他の異性とも付き合っていたとか、金目当ててで近づいてきていたというのはまだ序の口で、多額の借金を抱えていたのを隠していたとか、浮気どころかすでに結婚していたということもあったり、依頼者に伝えていた学歴や経歴の殆どが嘘だったという結果も出るなど、ショックは受けるものの興信所に依頼して良かったと安堵する依頼者もいます。

もしもネットで知り合った相手のことをより深く知りたい、真実を知りたいといった同じような境遇にある方は身元調査を活用するというのもいいかもしれません。さらに詳しい情報は身元調査のサイトを御覧ください。

浮気相談は意外な興信所で助けてもらうのが吉

昔の話です。

私の友人が旦那に浮気をされたといい、泣きついて電話をしてきたのが、はじまりです。簡単な内容は、携帯をみたら知らない女と会っていた。出張だといっていた日に泊まっていたというような内容でした。でも、彼女は自分から旦那に問いつめることなんてできない、とのことでなかなか言い出せずにいました。数日後、「興信所に相談してみる」とのメールが。私は正直興信所などピンとこず、本当にその決断でいいのかわかりませんでしたが、彼女なりの解決策になるならと思い、しばらく見守ることにしました。

興信所に電話に相談したこと、次の手順の説明など、聞いていないのに彼女はいろいろ教えてくれました。

電話相談だけでも無理な契約などを迫られることもとくにないこと。なるべくお金かけたくないと伝えると、自分でできる限りの情報を入手してほしいといわれたことなど・・・案外良心的なんだと思いました。友達の旦那はそんなことも知らずに、知らない女とまたデートの約束の連絡をしていたそうで、ついに探偵に動いてもらうときがきました。

結果、ちゃんと浮気現場を収めた写真までとってもらえてちゃんと離婚することができました。しかも浮気相手からも慰謝料をもらえたらしく、なかなかやるじゃんと思いました。それにしても興信所を頼んだのが正解だったのが意外です。案外自分の周りで興信所なんて利用することもそうそうないので、何かあれば視野に入れておくのもいいなと思わせてくれた一件でした。

人探しだって興信所で取り組んでくれます、弟の失踪

数年前の話になりますが、実弟が行方不明になりました。一時はバブル時期には非常に裕福な生活を送っていたのですが、バブルがはじけた後は少しずつ生活に余裕が見えなくなっていくのは感じていたのですが、いい大人が親をあてにする事はないだろうと思っていたのが大きな間違いで、年金暮らしの母へ携帯電話からお金の無心を頻繁に行っていたようです。

私には家族があり、母のと2世帯住宅で暮らしています。父は亡くなっています。弟は最終的に職も失い、2LDKのマンションの家賃が払えず、1Kのアパートに引越したばかりの時に、弟の友人から母に電話が入りました。数日前から連絡も取れないし、かなり落ち込んでいたようなので、ご実家へもどっていませんか?との問い合わせでした。何歳になっても可愛い一人息子の存在が行方不明と聞いた途端に、母の顔はひきつり、神奈川県の郊外に住んでいる私たちは即座へ弟の住んでいる23区のアパートへ、夜の8時位に向かいました。友人と待ち合わせしてとりあえず興信所へ家出人捜索を依頼しに行きました。

興信所の方は非常に丁寧にいつ頃から?性格は?借金などはありましたか?など母に様々な事を聞いていましたが、離れて暮らしている母には全ては答えきれずに、一緒についてきてくれた弟の友人が代わりに答えていた状況でした。

事前に警察にも届け出を出していて写真を提出し、印鑑を押して書類は出しましたが、未成年の家出でもありませんので、一般家出人は捜索する形にはならず、届出がでている場合は何かのきっかけで免許証などで照合できる場合があるだけで、すぐにどこにいるかなどはわかりません。母が一番心配していたのは、自殺でしたので、その場合などは身元がすぐにわかるという事なのでしょうが、私は心配よりも「いい歳していつまで親に心配かけるんだか」と思いつつも警察に提出する書類を母の代わりに代筆しました。

興信所の方は数多くの方の届出を受理していますが「見つかりましたら、必ず連絡を下さい」と念を入れられました。見つかっても連絡を入れない方が多くて、ご本人にも迷惑がかかりますのでと言われ、ほどなくして1週間程で弟の携帯に連絡が取れ、説得の末に戻ってきました。私は控えていた興信所の電話番号に電話を入れ、色々とありがとうございました。見つかりましたと報告して、一件落着ですが、本当に人騒がせな失踪事件でした。

結婚や出会いで失敗しないための興信所はこう使う

私は妊娠した時つわりが重かったのですが、夫は週に3~4回ぐらい飲み会へ行っていました。辛くて家事をすることができず、ご飯の用意ができていなかったら、夫は「家事ぐらいできないの?」と冷たく言って、自分一人で外にご飯を食べに行ったのです。どうしてこんな冷たい人と結婚してしまったんだろうってすごく悲しくなりました。

夫の母が「いつまで寝ているの?妊娠は病気じゃないんだよ」と言う人なので、夫もそんな考えなんだと思います。つわりで苦しんでやせ細っていく妻を見ても、病気じゃないから大丈夫だと言い、家事を手伝ってくれることはありませんでした。

また、「一緒に病院へ行って赤ちゃんの様子を見よう」と誘っても、ゴルフ、競馬をしに行くような人です。子供に興味がないんです。妊娠するまではすごくラブラブだったのですが、私が妊娠してからは女性として思えなくなったようで、よく職場の同僚とキャバクラやスナックへ行っていたようです。

離婚したいと思ったのですが、子供がいるので無理だと諦めました。私が強くならないといけないと思い、妊娠中はとても心細かったのですが必死で頑張りました。実家が遠方だったので両親に頼ることもできず、出産の時は自分でタクシーを呼んで病院へ行きました。子どもが生まれてからしばらくして夫は病院へやってきました。

子供が二歳になった現在、夫がまるで子供みたいに私に甘えてきて本当に疲れます。子供の世話をすると夫は子供に嫉妬するんですよね。結婚に失敗しました。あのとき興信所に依頼していれば…

信用できるスタッフと仕事をしていくために必要な事

仕事をする上で大きな運転資金を利用する時には、スタッフの行動にも注意を払う必要があります。より信用できるスタッフに重要な仕事を任せる事が基本となりますが、入れ替わりが激しい企業の場合には、信用のおけるスタッフが成長するまで待つことが出来ない状況もあります。

そのような時は中途採用しますが、これまでの経歴などをチェックして、ある程度の面接と試験をすることによって能力の判定は可能となります。しかし、将来的に真面目に仕事を続けることができるか判断するためにはより多くの情報が必要となります。

そのような時に、興信所に身元調査を依頼します。身元調査で分かることは、出身校や友人関係、家族がどのような仕事をしていてどこに住んでいたか等です。

そして、宗教に関する問題であったり、過去に警察沙汰になったことがあるかなども分かるため、そのスタッフが長期的に信用できる仕事を依頼できるかどうか判断する材料になるはずです。

仕事をするときには普通のスタッフとして働いている状況でも、家庭環境を覗いてみるとかなり貧困した状態である可能性もあります。会社の運転資金を持ち逃げしてしまう可能性が少しでもあれば、より慎重にスタッフを選んでいく時間が必要となるはずです。

このようなトラブルを避けるための根回しは、早めに対策した方が良く、ある程度コストもかかってしまいますが必要経費だと考えるべきです。将来も安定して経営をしていくためには、興信所に依頼しなければならない案件もあるのです。